2009年12月31日

ゆく年

new year .jpg


また、一年が去って行く

いろんな事があったな

でも、それでいいんだよ

今年も同じ事を言うね

「幸せには、手が届かないくらいが一番いいんだよな!」



† † † † † † †


今年も祈ります

みんなのところに

幸せが訪れますように



medic2009.jpg


by メディック
posted by メディック | Comment(0) | TrackBack(0) | 救助日誌

2009年12月28日

またね

Maneki.jpg


休日の午前中、ベランダのドアを開けた瞬間、それはいきなり飛び込んできた。

タタタターッ!
ウァーッ!

あっという間に足元をすり抜け部屋の中へ
なんだぁ! ネコ?

なななんて素早い身のこなしだ
でも向こう側の部屋のドアは閉まっているから行く場所は無いはずだ。

急いで追いかけたが、となりの部屋はシーンとしている・・・
軽く見渡したが何処にもいない。

間違いなくキッチンの方に行ったはずなのに
恐る恐る冷蔵庫の横の隙間を見た・・・

いた〜っ! 顔は奥、お尻をこっちに向けて挟まっている
シッポは怖くて縮み上がっているのか見えない。

真っ白いネコだ!

その瞬間チャイムが鳴った
お隣さんだった。

お隣さん 「すいませ〜ん、預かっているネコが!!!」

俺 「いいいます、冷蔵庫の隙間に挟まってます」

お隣さん 「入らせてもらっていいですか?」

俺 「ど、どうぞ」

「マコちゃん、マコちゃん、出てきなさい」
お隣さんの「すいません」と「出てきなさい」の繰り返し・・・

しかし、マコちゃんはぴくりとも動かないようだ。

しばらくして「食べ物取ってきます」とお隣さんは一度もどられた。

ちょっと隙間を覗いてみた
相変わらず挟まっている、なんかちょっと可愛い。
でも怖くてどうすることも出来ない。

お隣さんが何か手に食べ物らしき物を持って帰ってきた。
それに反応したのかどうかはわからないが、マコちゃんは飛び出てきた
そして素早いステップで今度はソファの陰に!
慌てて追いかけるお隣さん
俺は相変わらず手を出せない、と言うか出せない。

次の瞬間、強引にマコちゃんは確保された。
お隣さんの腕におとなしく抱っこされている。(半分無理矢理だが)
観念したのか、意外と暴れない。

じっくり見ると、真っ白で可愛い顔をしている。
(さっきまでは、お尻しか見せてもらってなかったからな)
さすがに爪が怖くて触る根性はない。

「ホントにすいませんでした」その他多くの言葉と共にマコちゃんは帰って行く。
念の為に玄関のドアを開けてあげた。

「可愛いな、又、脱走して来い!」 とは言えなかった。
環境が変わって怖かったのかな、年初めまでは居るのかな。
でも、もう脱走しちゃだめだよ。

夕方、マコちゃんの大立ち回りは、
ズッシリと重たいカマンベールチーズの高そうなスイーツとなって届けられた。

マコちゃん・・・
一か八か、もう一度、脱走して来い!




メディーック

少しの時間だったがドキドキさせてもらったよ。
後で思ったのだが、抱きかかえられて帰って行くマコちゃんの姿は
片手が挙がって招き猫のようだった。

招き猫が勝手に向こうから家に飛び込んで来るとは!!!
これは絶対いい事あるに違いない!
posted by メディック | Comment(5) | TrackBack(0) | 救助日誌

2009年12月09日

気になる

Goethe.jpg


しなければならない事が山ほどある。
なのにそういう時に限って何もしないし、又、したくなくなる。
自分を追いつめて、追いつめて、崖っぷちに追いやられたその時に力を発揮するタイプだ。
ウソだ、単なる邪魔くさがりなだけだと思う。

用事が沢山ある時程、人間不思議なもので必ず余計な事が気になり始めるものだ。それも普段なら気にもとめない、どうでもいいような事ばかり・・・

職場近くの先輩の家の垣根に「パッションフルーツ」が数個実っている。青いが意外と大きい。先日偶然先輩に会ってその話をすると、元をたどれば鉢に植えられているらしく、「良かったら勝手に穫って帰ってもいいよっ」と言われたが、食べ時わからないし、穫ってるところ近所の人に見られるのも嫌だ。でもパッションフルーツの食べ時が気になる

moon.jpg


あと、夜中にたまに聴く足音だけのラジオ番組。すごく気になっている。ザクッザクッザクッ、山や街を歩く足の音・・・。ただ永遠とそれが聴こえるだけ。あれ何なのだろ??? 寝ぼけてはいない。

こんな事をしている間にも時は刻々と刻まれてゆく。

ゲーテも言っていた
「人生は全て二つから成り立っている」
「したいけれど、出来ない。
「出来るけれど、したくない。」

寒いから、深く考えず一杯飲んで寝よう。



メディーック

欲張ってもしょうがない

ゲーテはこうも言っていた
「人は多くを願うが、彼に必要なものはごくわずかなのである」
「人生は短く、人間の運命には限りがあるのだから」

寝たらだめじゃん・・・



posted by メディック | Comment(12) | TrackBack(0) | 救助日誌
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。