2010年11月18日

また会おうね

葉.jpg


さてと!
ちょっと目を離したらすでに11月も半ば過ぎか・・・
木々の紅葉が遅いから気付かなかったじゃないか
イチョウ並木の下でぎんなんを拾う人達が居るのは知っていたのだが、つい最近まで夏だったような気がしていたからなぁ

でもあらためて空を見てみると確かに以前とは少し違う
雲が人恋しくさせるような顔をしてやがる。
せっかくこの国、この街に生まれたのに、時の流れを感ずることを楽しみ損ねるとは、なんてもったいない。
あたり前のように通り過ぎる日々に感覚が少し麻痺していたのかもしれない。

先日 用事があって江戸時代から続くある老舗の蔵元へ行ってきた。以前にブログでも紹介したのだが俺はここの酒がはんなりしていて大好きだ。そんなに大きくないし、みんなが知っているような蔵元じゃないけれど、好きな物に理由や説明はいらないよな。
前回訪れたのは5月だったから約半年ぶりだ。ここの酒造場にはタンクと出荷ラインの間に長机が置いてある。時間が空いた時に従業員の人達が集まる団らんの場で、みんなの楽しそうな声が聞こえてくる。
その日も何も考えずいつものようにそこへ入って行った。

あれっ?電気がついていない。大きな機械やタンクのある所にも出荷場にも人がいない。今一番忙しい時期なのに・・・ 静寂が続く。みんなで会議中? それとも今日は休日? しばらく敷地内をうろうろしたのだがやはり誰もいない。後ろ髪を引かれつつその場を後にした。しょうがないので次の用事を済ませ帰るつもりだったが、念のためもう一度そこへ戻ってみる事にした。

中に入ると人が居た!良かった、従業員のおじさんだ。
聞くと最近はみんな昼まで出勤で、午後から人は居ないらしい。生産調整・・・そんな事出来ないしな・・・ 不思議に思いつつ用事を済ませて少し話をしていたら、おじさんが はにかみながら、そしてうつむき加減に眼を逸らしボソッとこう言った。

「・・・」

えっ? 

あれっ? 本当は聞き直さなくとも俺の耳にはハッキリその言葉は残っていた。

「ここもう終わる事になってな」

「え〜っ!」

「・・・」

その後もおじさんと少し話を続けたが、正直内容は、あまりよく覚えていない。

帰り際歩きながら
「おじさん、俺ね、ここの酒大好きだったんですよ」

おじさんが 恥ずかしそうにそして照れくさそうに、でも少し寂しそうにニコっと笑ってくれた。

それでいいと思った。

いつまでも、あってあたり前だと思っていた物があっさり無くなった。

ふり.jpg


一人になって、少しだけおじさんが話してくれた内容を思い出した。
その酒は別の蔵元に引き継がれるらしい。
しかもそれは偶然その日の午前中に行った知り合いの蔵元だった。

生まれ変わるんだな
また新たな旅立ちだ。
良かった・・・
また会おうね


メディーック

相変わらず窓の外にはどんよりした雲が立ち込めている
でも遠くを見てみると、青空があるところが少し見えた。
posted by メディック | Comment(6) | TrackBack(0) | 救助日誌
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。